妊娠中の服を考える|さまざまな種類から選べる|ショーツは通販で購入しよう
ウーマン

さまざまな種類から選べる|ショーツは通販で購入しよう

  1. ホーム
  2. 妊娠中の服を考える

妊娠中の服を考える

妊婦

妊娠するとだんだんと体型が変わり、今まで来ていた服が着られなくなります。ではマタニティウェアについて、どんなことに気をつければよいのでしょうか。一番大事なのは、締め付けないことです。身体を締め付けて血行が悪くなると、赤ちゃんに栄養がいかなくなります。妊娠中はおなか以外にも、胸や太ももなどが大きくなる場合がありますので、全身がゆったりとしたものを選びましょう。また、冷えにも注意です。身体が冷えると免疫力が下がり、風邪などひきやすくなります。特に、妊娠中はおなかの皮膚がのびて冷えやすくなっています。おなかが冷えると張りやすくなりますので、冷えないようにしてください。冬だけではなく、夏は冷房で冷えることがありますで、必ず羽織を持ちましょう。

マタニティウェアを着る最大の目的は、おなかの締め付けをなくすことです。妊娠初期で、普通の服を着ても苦しくない場合は、特にマタニティウェアを用意する必要はありません。ゆったりしたワンピースや腰回りがゴム製の服があれば、おなかが大きくなっても着られます。おなかが大きくなってからも、手持ちの服と相談しながら、マタニティウェアを選ぶとよいでしょう。妊娠後期になるとかなりおなかが出ますので、通常のゴム製の服でも着られなくなることがほとんどです。パンツやスカートは数着マタニティ専用の服があると便利です。おなかのサイズが調整できるものもありますので、早い時期から買っても臨月まで使えます。自分に合ったマタニティウェアを選んで、おなかの赤ちゃんを守りましょう。